Date: Thu, 24 Apr 1997 16:22:58 +0900
X-Mailer: Macintosh Eudora Pro Version 2.1.3-J
Content-Type: text/plain; charset="ISO-2022-JP"
To: aml@jca.ax.apc.org
From: ykaoru@tku.ac.jp (Kaoru Yamasaki)
Subject: [aml 4667] MRTA Communique No.16
Sender: owner-aml@jca.ax.apc.org
X-Sequence: aml 4667
Precedence: bulk
Reply-To: aml@jca.ax.apc.org
X-UIDL: 39f3d3484ba76790d2e9f7c3c78a89fd

 小倉さんが少し前にアップされたコミュニケの翻訳です。4月23日に到着しました。
____________________________________

 「エドガル・サンチェス」コマンドは、自由と社会的正義をめざす闘士たちで
ある

 トゥパク・アマルー革命運動全国指導部は、ペルーおよび世界の世論に以下の
ように訴える。

 1 人民の最良の子供たちに対する新たな犯罪が、アルベルト・フジモリのテ
ロリスト政権によって犯された。この犯罪は、日本政府および米国政府の共犯関
係を前提になされたものである。
 2 のメンバーたちは、不均衡な対決において、MRTAの志気を証明した。ま
た、新自由主義に反対してペルー人民の解放をめざすため、勝利するか死ぬかと
いう決意をも示した。新自由主義はペルー人民に、極度の貧困と抑圧のみを与え
ている。
 3 ネストル・セルパ・カルトリーニ司令官とエドガル・サンチェス」コマン
ドのメンバーたちの殺害によって、フジモリの虐殺政府はペルー人民と国際世論
に、またもやMRTAが全滅したと信じさせようとしている。
 4 わが同志たちの殺害をまえにして、私たちMRTAは彼らの栄誉のために旗
を捧げ、社会的正義を伴った平和な社会のために戦いつづける決意を再度確認す
る。
 5 ペルー各地の人民とわが戦士たちに対して、私たちはこういいたい。「エ
ドガル・サンチェス」コマンドのメンバーたちは死んでなどいない。彼らは英雄
というレヴェルに昇ったのであり、私たちの運動や活動すべてに列席するであろ
う。

 労働者出身の司令官は、トゥパク・アマルーの民であるというその人間的特質
によって、人殺しの将軍たちに平手打ちを加えたのであり、彼らはそれに我慢で
きなかったのである。

 ネストル・セルパ・カルトリーニ司令官・・・ここにいる!

 「エドガル・サンチェス」コマンド・・・ここにいる!

 トゥパク・アマルーの民は、新自由主義政策と国家テロに対する闘争をつづけ
るだろう!
 人民は降伏しない・・・わかったか!
 降伏も敗北もしない・・・闘争は継続される!

 トゥパク・アマルー革命運動全国指導部

 山崎カヲル
 ykaoru@tku.ac.jp
 WebPage: http//clinamen.ff.tku.ac.jp/default.html



bar.gif

back.gifオルターナティブ・メーリングリストのページに戻る

HIP'sHomePage.gifHIP's Home Page 目次に戻る