原文はここ
http://groups.yahoo.com/group/palsolidarity/message/153


注:「国際連帯運動(ISM)」とは、「the International Solidarity Movement」の訳で、キャンペーンを行っているグループの名前です。また、「パレスチナの人々のための、草の根の国際保護運動(GIPP)」も同様に「the Grassroots International Protection for Palestinians」の翻訳です。


差出人: Huwaida Arraf
日付: Wed May 1, 2002 5:16 pm
標題: 訂正: パレスチナで私達を助けることについてのISMのメッセージ

友人達へ

国際連帯運動とパレスチナの自由のための争いへのあなたのサポートの表明にとても感謝します。多くの人が、あなたがいるところから、あなたがどのように私達を助けることができるか尋ねました。そしてより多くの人たちから、包囲され占領されたここパレスチナの領土にいる私達の運動に加わることについての問い合わせを頂きました。

以下は、あなたにとって有益であろうことを望むいくらかの情報です。

パレスチナに来る場合

私達は、パレスチナでまだあなたの存在とサポートを必要とします。国際連帯運動(ISM)は、5月いっぱいの間に、パレスチナのコミュニティの中に国際連帯活動家を受け入れるために、「パレスチナの人々のための、草の根の国際保護運動(GIPP)」と共に働きます。私達は、占領の恐怖の、そして占領に反対する声の、目撃者となろうとするあなたを歓迎します。

登録とlogisticalなアレンジのために、George Rishmawi(abusalib@p-ol.com)との接触を続けて下さい。もしくは、www.rapprochement.orgでオンラインで登録できます。

パレスチナに来る前に、あなたの地域のメディアや政府代表者/代議士と連絡をとって下さい。あなたがここで助けるためにすることができる最も重要なことのうちの1つは、目撃者になることであり、占領されたパレスチナ領土から情報の普及を手伝うことです。その意味で、あなたはあなたの地域の報道媒体のための情報源でありえるし、またおそらく人々の関心を呼ぶ、人間物語(の提供者)です。あなたは、あなたの代表者にあなたがここに旅行しているということを知らせることができて、あなたの帰国後に彼らとの会談を要請することができます。

ドキュメンテーション:

キャンペーンに参加する人は、一緒に自分ののカメラを持ってくることが、強く求められます。デジタルビデオカメラとデジタルカメラは、即座に何フィート分ものデータが得られるのでより好ましいです。さらに、何フィート分ものデータを地元のコンピューターにダウンロードするために必要なソフトウェアとケーブルを持ってくるのも忘れないで下さい。

夏の場合

私達はこれまでに、パレスチナでその夏を過ごすために、何百もの人々を受け入れてきました。国際連帯運動は、イスラエルの占領に反対する、非暴力主義的な、直接行動の、強力な夏のキャンペーンを計画している。 全ての自由を愛する人々は、パレスチナで6月の終わりに始まる「2002年自由のための夏」のために加わることを招請されます。より多くの詳細がまもなく分かります。パレスチナにおけるインターンシップの機会を私達に尋ねた方々には、ISMがインターンを受け入れる位 置にいないことにご注意下さい。私達は、この夏、非暴力で直接行動の抵抗運動に関わる意志のある全ての人に対して呼びかけています。あなたがインターンに興味があるならば、パレスチナの個々の組織か「パレスチナの非政府組織ネットワーク(pngonet@p-ol.com)」と連絡をとって下さい。

いま何をするべきか

この夏に私達に加わるという計画を立てて、あなたのまわりの人にそれを知らせ、あなたの周りの人を教育するために準備時間を使ってください。あなたの地域のメディア・ソースを調べ、名前と連絡先を集めてください。また、これを代議士や議会のメンバーに対して行うことも重要です(上で言及したように)。(下記の見本手紙を参照して下さい。)あなたのパレスチナ旅行を知らせるために、あなたの代議士と地域のジャーナリストに会うことを試みて下さい。

私達は、あなたがメディア媒体と官吏に対する圧力を維持すること必要とします。私達は、世界中で起こっている、パレスチナを支援する強力なデモンストレーションに気がついています。あなたは、違うものを創り出そうとしています。疲れないで下さい。

基金と寄付

国際連帯運動は、パレスチナへ行くことに関連して個人が支払う費用に対する援助を行う資金を持っていないけれども、資金提供者は、パレスチナに来る活動家に資金を与えるだけでなく、いい(自己?)教育の方法にもなりうる。

もしあなたが、国際連帯運動に対する基金設立や寄付をすることに興味があるならば、info@palsolidarity.orgで私達に電子メールを送って下さい。

私達は、「Indymedia Palestine- http://www.jerusalem.indymedia.org」へのアップデートを続けます。そして、まもなく私達のウェブサイトをアップデートし、あなたがもっと関係を持つにはどうすればいいかの情報を得られるようにします。http://www.palsolidarity.org

パレスチナのニュースと情報のための、他のサイト

http://www.electronicintifada.org

http://www.palestinemonitor.org

http://www.palestinechronicle.com

http://www.rapprochement.org

あなたがメールの転送でこのメッセージを得ていて、更に私達ののpalsolidarityメール・リストに参加したいのであれば、メッセージをinfo@palsolidarity.orgへ送ってください。

もうすぐ、パレスチナであなたに会えることを期待しています。

連帯と闘いの中で

INTERNATIONAL SOLIDARITY MOVEMENT(国際連帯運動)

 

メディアへの手紙の見本 (省略)

代議士への手紙の見本 (省略)


 戻る