クイアー(Queer)ってなあに?

プロジェクトPで「現代京都における変態生活者の実態と棲息状況について(抄)」という冊子を創りました。その冊子に掲載された座談会です。
なお「基礎知識」のところの記述は、今から見ると不十分なところがありますが、当時の記録としてそのまま掲載しています。
(「現代京都における変態生活者の実態と棲息状況について(抄)」1996年5月11日)

続きを読む クイアー(Queer)ってなあに?

旺文社受験情報誌「Arche(アルシェ)」のインタビュー記事

大学受験生向けの雑誌にインタビュー記事が載りました。本屋で買えると思います。掲載紙をスキャンして取り込んだ画像です。
(旺文社発行 大学受験 学習生活情報雑誌「Arche(アルシェ)」1996年4月号)

続きを読む 旺文社受験情報誌「Arche(アルシェ)」のインタビュー記事

女!男!うんざりだ!あらゆる‘暗黙の規範’から自由になろう!

「バイセクシュアル」について詳しく書いた、初めての文章です。最初だけあって荒削りですが、その分詳しく、意欲的に書かれています。もしかしたら今よりも丁寧かも(笑)
(ゲイフロント関西機関誌「ぽこあぽこ vol.6」 96年4月1日)

続きを読む 女!男!うんざりだ!あらゆる‘暗黙の規範’から自由になろう!

あら、恥ずかしいわ!

プロジェクトPのニュースレター「Project Press No.6」に書いた文章。「セックスワーク」について話し合う公開ミーティングの準備号としてつくられた「Project Press No.6」には、多くの人がセックスワークについて自分の考えを書いている。
(Project Press No.6 96年1月31日)

続きを読む あら、恥ずかしいわ!

皮のパンツはエッチでいいわ!

プロジェクトPのニュースレター「Project Press No.5」に書いた文章。この号は「学園祭企画『レズビアン・トレビアン・笹野みちる』の報告号」になっている。笹野みちるさんを始め、多くの出演者・プロジェクトPのメンバーなどが文章を寄せています。
(Project Press No.5 95年12月19日)

続きを読む 皮のパンツはエッチでいいわ!

不一致の実り豊かさを認めよう!

95年11月26日に行われたプロジェクトPの企画である「レズビアン・トレビアン・笹野みちる」には400人以上の参加があり、会場との質疑応答も大変充実したものとなった。この文章は、当日の参加者に配布したパンフレットに書いたもの。笹野さんを含め、出演者・プロジェクトPのメンバーなどがそれぞれ自分の思いを書いたうちの一つです。
(「レズビアン・トレビアン・笹野みちる」企画当日パンフレット 1995年11月26日)

続きを読む 不一致の実り豊かさを認めよう!

この人達も「ホモ」と聞くとうっとうしいオヤジ的反応をするんじゃないだろうか

「はじめまして」は、1995年春に京都大学の新入生に対して無料で配布されたパンフレット。内容は、京大教官のコラム・サークル紹介など。現在は入手できない。
(京都大学全学新入生歓迎パンフレット「はじめまして」95年3月18日)

続きを読む この人達も「ホモ」と聞くとうっとうしいオヤジ的反応をするんじゃないだろうか

以前のページ

以前の「主張」のページに掲載されていた全ての文章は、新しい「ひびのの主張」のページに移行しました。
今後の文章や作品の追加は、全てこの「ひびのの主張」において行われます。

以前のものもそのままサイトには残っています。以前の「目次」は以下にありますので、そこからたどることもできますが、最近の新しい文章は掲載されていませんので、ご注意下さい。

以前の「主張」のページ