このサイトは、2003年5月20日から26日 の一週間に渡って開催された「ひっぴい♪♪スペシャル in 東京」の記録です。「はじめに」以外の全ての記事の著作権は日比野真に帰属します。

(この記録ページは、もともとKAZUさんが構築していただいたものを、「barairo.net」に掲載させていただいたものです。お忙しい中、素敵な記録サイトをつくっていただき、KAZUさん、ありがとうございます。なお、掲載に際し、いくらかひびのが手を入れています。)

主催:「ひっぴい♪♪スペシャルin東京」実行委員会
スピーカー:日比野真
記録・ウェブ制作:KAZU

2003.10.8 記録サイトを「barairo.net」に移転
2003.8.18 レジュメのフォルダーへのリンク追加
2003.8.7 DAY 6ページ追加
2003.8.6 サイト開設

 Welcome Movie!!

このサイトにある動画をご覧いただくには、お使いのパソコンにWindows Media Playerがインストールされている必要があります。Me以降のWindowsでは、そのままご覧頂ける筈です。Macintoshユーザの方は、下のバナーをクリックして、Windows Media Palyer for Macをダウンロードしてインストールしてください。また、Windows Media Palyer 9の一部のバージョンには3分経つと動画が停止するというバグがあります。その場合にもバナーをクリックして最新版をインストールしてください。

 

「ひっぴい♪♪スペシャルin東京」の企画案内ページ

性的な暴力についてのチラシのページ(全日程配布)

ひっぴぃ の自己紹介チラシ(全日配布 JPEG 122KB)

はじめに攝津正@「ひっぴい♪♪スペシャルin東京」実行委員会)

 

DAY 1 わたしとパレスチナの距離 セクシュアルマイノリティーとしての経験から (動画配信)

DAY 2 「男女という制度」ってなに?(当日のレジュメのみ掲載)

DAY 3 日本において、日本国籍を持つ日本人である私はどういう存在か(当日のレジュメのみ掲載)

DAY 4 全ての社会運動は迷惑だ
    ----いいこと、正しいことを言いながら
      間違ったことをしてしまう
      失敗を避けるために何が必要か(テキストで掲載)

DAY 5 『バイセクシュアル』への差別から見えるもの(暫定版をテキストで掲載)

DAY 6 あなたもトランスジェンダーになれる--もし望むのなら
    性別の自己決定権を確立しよう。
(テキストで掲載)

DAY 7 社会運動、NGO活動の「中で」、「男女という制度」をいま問い直すことがな ぜ必要なのか(動画配信)

 

1つ前に戻る

http://barairo.net/